生体認証の比較

生体認証の比較

生体認証も、方式により長所と短所があるのは既述の通りです。
その比較をまとめると次の表のようになります。

生体認証の比較
  指紋認証 顔認証 静脈認証 掌形認証 虹彩認証 網膜認証 声紋認証 署名認証
認証精度
使いやすさ
小型化
低価格化
清潔感
データ漏洩
偽造しにくさ ×
環境変化
経年変化耐性 × ×
一卵性双生児

このように、各方式には一長一短所があるので、用途に合わせた方式を選ぶことが必要です。

特に、個人情報保護法の施行前後から、登録データの流出や漏洩が重視されています。

三菱東京 UFJ 銀行などでは、生体認証データをサーバーに保管せず、預金者の IC カードに格納することにより、サーバーから生体認証データが流出する危険をなくしています。

IC カードは機密性が高く、現時点では情報漏洩の恐れが極めて低いため、非常に有効な情報管理技術であると思われます。

また、IC カードはコンピューターでもあるので認証処理を内部で行うことができ、生体認証データを IC カードから出す必要がない点も、安全性を高めています。

一方、指紋や顔などの終生不変の登録データに対し、声紋と署名は万が一、流出や漏洩が生じても新しいものを何度でも再登録することができるので、注目されています。
(声紋認証と署名認証は、生体認証に分類されないこともあります)