署名認証

署名認証

人間が書く文字や署名には個人による以下の癖があり、個人認証に利用することができます。

  • 署名の形
  • 書き順
  • 書く速度

署名認証は生体の形や大きさによる認証ではないので、生体認証に分類されないこともあります。

署名認証には、以下の特徴があります。

  • 長所
    • 違和感がない
      • パスポートやクレジットカードなどで、既に人間による署名認証に親しみがある
    • 必要事項記入と署名登録が同時にできる
      • 署名認証で用いる専用ペンとタブレットで必要事項を記入すれば、手間が省ける
    • 登録データが漏洩しても大丈夫
      • 登録データが漏洩した場合、新しい署名を登録できる
  • 短所
    • 署名には時間が掛かる
      • 利き手を自由にして、専用ペンでタブレットに署名するまでに数秒から 10 秒程度必要
    • 登録した署名を覚えておかなければならない
      • 凝った署名にすると、忘れてしまったり同じ署名を書けなくなったりする
      • 凝っていなくても、パスポートやクレジットカードなどと同様、日本人の英字表記の筆記体は署名が安定しないことがある
    • 怪我をすると、同じ署名が書けないこともある
      • 利き手は怪我をしやすく、部位によっては認証されない
    • 署名の癖が変わることもある
      • 重い荷物を持ったり運動をしたりした後は筋肉が硬直して、うまく署名を書けなくなる
      • 冬で指先がかじかんだ場合も同様