偽造・盗難カード犯罪の手口

偽造・盗難カード犯罪の手口

偽造・盗難カード犯罪は年々、手口が巧妙化しています。

以前は、単独犯によるスリや引ったくりのような単純なものが多かったのですが、最近では、外国人を含む組織による複雑なものも増えています。

特に、外国人は密入国して短期間に荒稼ぎして帰国してしまうことが多く、逮捕が難しくなっています。

また、役割分担が明確で、犯人グループ内でもお互いの素性をよく知らないため、実行犯が捕まっても主犯に辿りつかないこともあります。

他の犯罪と同様に、インターネットやプリペイド式携帯電話も利用されます。

ここでは、マスコミなどで大きく報じられた事件をまとめました。