韓国人武装スリ団

韓国人武装スリ団

警視庁捜査 3 課によると、2002 年頃から韓国人武装スリ団による犯罪が急増しています。

韓国人武装スリ団による犯罪
時期 件数 検挙者
2002 年 917 件 6 人
2003 年 1145 件 19 人
2004 年 1210 件 ? 人
2005 年 1581 件 ? 人

韓国人武装スリ団には、以下の特徴があります。

  • 刃物や催涙スプレーを利用
  • 見張り役や壁役(周囲からの視界を遮断する)など 4 〜 10 人で役割分担
  • 事件後すぐに帰国(「ヒット・アンドアウェー」と呼ばれる)

また、警察庁によると、2005 年の来日外国人による刑法犯検挙人員 8508 人のうち 6.4 % が韓国人で、中国・ブラジル・ベトナムに次いで 4 位だそうです。

田園調布の韓国人武装スリ団事件

2004 年 6 月 24 日正午過ぎに、東京都大田区の東急東横線田園調布駅構内で、強盗傷害事件が発生しました。

犯人の 1 人は、現場から約 500 m 離れた路上で田園調布署員に職務質問された際に、催涙スプレーを噴射して逃走しました。

その後、約 200 m 離れた住宅敷地内で発見した池上署員にも催涙スプレーと包丁で抵抗したため、同署員が拳銃 3 発を発砲し、2 発が足などを貫通して公務執行妨害などの疑いで現行犯逮捕されています。

逮捕されたのは韓国籍の孫 昌模容疑者 (40) で、「1 週間ほど前に船で釜山から大阪に密入国した」と供述して、1996 年頃から約 200 件の同様の犯行を重ねていたことを認めました。

孫容疑者は 1991 年 3 月の銀座駅でも同様の事件で逮捕され、懲役 1 年 4 ヵ月の実刑判決を受け、1992 年 6 月に国外退去させられていました。

西日暮里の韓国人武装スリ団事件

2006 年 4 月 6 日午前 9 時 50 分頃、東京都荒川区の JR 西日暮里駅構内で、傷害事件が発生しました。

同駅の改札口付近で駒込署員に職務質問された 4 人が逃走し、ホームに逃げた沈 平根容疑者 (38) が警察官 2 人に催涙スプレーを噴射しました。

沈容疑者は近くにいた非番の警察官に現行犯逮捕されましたが、22 人が目や喉の痛みを訴えて、うち 14 人が病院に運ばれています。

沈容疑者は 2002 年 4 月にも、窃盗と銃刀法・入管法違反の容疑で大阪府警に逮捕されて実刑判決を受け、2005 年秋に国外退去させられていました。