ハイテク犯罪

ハイテク犯罪

警視庁のハイテク犯罪対策総合センターは、「ハイテク犯罪は、年々手口が巧妙化している」として警戒を呼掛けています。

代表的なハイテク犯罪には、以下のようなものがあります。

「自分だけは大丈夫」という思い込みは、禁物です。

一般の犯罪と同じで、これだけやっておけば絶対安全ということはありませんが、どのハイテク犯罪に対しても有効な防衛策はあります。

  • 必ず実行したいこと
    • インターネット喫茶など不特定多数が利用するパソコンで、金融機関にログインしない
    • 不審なメールは、開封せずに削除する
    • メールの添付ファイルは、よく確認してから開封する
    • 怪しげなサイトには、アクセスしない
    • OS や対策ソフトを最新版に更新する
    • サイトの安全性を確認できなければ、電話など他の手段で金融機関に問合せる
  • できれば実行したいこと
    • 日常使用するパソコンと金融機関にログインするパソコンを区別する
    • インターネット・バンキングの振込限度額を低く設定する

現在知られているハイテク犯罪が廃れたとしても、新しい手口が今後も次々と開発されるでしょう。

コンピューターの初心者は常に存在するので、犯罪者たちが被害者予備軍に事欠くことはありません。

中級者や上級者だからといって狙われることがないとも限らないので、万が一不安を感じたら、早目に友人や各種機関に相談しましょう。