暗証番号の管理

暗証番号の管理

キャッシュカードの偽造・盗難による不正使用を未然に防ぐためには、以下を守ることが必要です。

これらを守っていれば、もし被害を受けても預金者保護法で補償される可能性が高くなります。

  • 生年月日・住所・電話番号・車のナンバーなどを暗証番号にしない
  • 暗証番号を他人に教えない
    • 犯人が銀行員や警察官を装って「キャッシュカードが届けられています。確認のため暗証番号を教えて下さい」などと電話をしてくることがありますが、本物の銀行員や警察官はそのような質問をしません
  • キャッシュカードと暗証番号のメモを同じ場所に保管しない
    • キャッシュカードに暗証番号を書込むのは論外です
  • 現金自動預払機 ATM を操作するとき、後ろや横から覗かれないように注意する
  • ATM の傍に、隠しカメラを仕込んだ不審な物体がないか確認する
  • ゴルフ場のロッカーや自転車の鍵などの 4 桁の番号には、暗証番号以外を設定する

これらは、キャッシュカードだけでなくクレジットカードの暗証番号についても同様です。

クレジットカードの被害は預金者保護法の対象ではありませんが、条件を満たせばクレジットカード会社の保険が適用されます。