預金者保護法とは?

預金者保護法とは?

預金者保護法は、偽造・盗難カード犯罪が発生した場合に、原則として金融機関に責任を負わせて、被害者の負担を軽減する法律です。

金融機関の従来の犯罪防止では、窓口の強盗防止に重点が置かれ、ATM コーナーには監視カメラが設置される程度で、急増するカード犯罪に対する効果はあまりありませんでした。

預金者保護法で「偽造・盗難カードによる不正使用は、金融機関に過失はなくても責任はある」と定めたということは、金融機関に偽造・盗難カードでは引出ができないようなシステムの構築を求めているということになります。

金融機関は、速やかに以下の 2 点を検討して実行しなければなりません。

  1. 不正使用を起こさない対策
  2. 起こってしまった場合の被害を最小限に抑える対策